避妊薬ピルについて

避妊目的と避妊以外の副効用目的で、ピルは世界で最も多くの人に飲まれている薬といわれています。全世界で1億人以上が服用しているそうです。日本でも、未婚の女性だけでなく、妊娠でまだキャリアを中断したくない女性を始め、多くの女性が使用しています。

・ピルの避妊効果
ピルは、妊娠成立時に体内で分泌される女性ホルモンが入っている薬です。薬に含まれているホルモン量は本当の妊娠時の1/20以下の程度ですが、体のホルモンバランスが妊娠している状態に近くなるため、排卵が抑制され、高い確率で避妊することができます。その他にも着床を抑制する作用や、子宮内に精子が流入するのを防ぐ作用があるため、それによっても避妊効果が確認されています。ピルを正しく服用すれば排卵が抑制されるため、ほぼ完全な避妊が期待されます。また、低用量ピルをアフターピル(緊急避妊)として避妊の効果を必ず医師に相談しましょう。

・ピルの飲み方
低用量ピルは何時頃飲むとより効果的といった時間帯はありません。また、食前食後といったタイミングも気にせず飲んでいただいて大丈夫です。ただし、毎日忘れずに飲むことがとても重要なので、飲み忘れをしにくい時間帯に飲むことを習慣づけましょう。また、飲みはじめの時期に軽い吐き気が出る方は、就寝前に飲むようにすると吐き気を感じにくいようです。

・ピルの種類

①錠数が異なるタイプ
1つのシートに21錠入っている21錠タイプと、28錠入っている28錠タイプがあります。
21日間飲んで、7日間薬の服用を休むタイプ。8日目から次の新しいシートの錠剤を飲み始めます。28日間飲み続け、錠剤がすべてなくなったら29日目に新しいシートの錠剤を飲み始めるタイプです。28錠タイプの最後の7錠はプラセボという実際は薬の成分が入っていない偽薬です。21錠タイプは服薬を休むので、飲み始めを忘れる恐れがあります。28錠タイプは毎日続いて飲むので、忘れる可能性は低いです。

②飲み始める時期が異なるタイプ
月経が始まった日に飲み始めるDAY1(デイワン)タイプと月経開始日からみて最初の日曜日から飲み始めるSunday(サンデイ)タイプがあります。
どちらも効果は一緒ですが、Sundayタイプは月経が日曜日にあたらないようにコントロールできるため、土日のイベントや旅行などが多い人はこちらを選ぶと便利。どちらも飲み始めてから1週間は確実な避妊効果が得られないので、コンドームなどの他の避妊方法を併用しましょう。