ノルレボの成分と効果

ノルレボとは

ノルレボとは、HRA Pharma社によって開発されてきた緊急避妊薬です。WHO(世界保健機構)に緊急避妊の必須薬と指定されていますが、2011年5月に発売された以来、多くの女性に愛用されています。更に国内で唯一認可されている緊急避妊専用の薬として注目されています。ノルレボは緊急避妊薬として事前避妊が失敗したり、望ましくない性交が発生したりする緊急状況で用いられています。

ノルレボの成分と効果

ノルレボは黄体ホルモンに似ている成分レボノルゲストレルを配合していますが、レボノルゲストレルによって排卵を抑制することで受精を阻害したり、また子宮内膜の増殖を防ぐことで子宮への受精卵の着床を阻止したりする作用がありますが、避妊効果が期待できます。

具体的な作用機序について、妊娠は受精卵が子宮内膜に着床することで成立するので、その前のどの段階でも遮断されている場合、緊急避妊な効果に実現できます。ノルレボを服用すると、排卵を遅くさせることができ、通常5~7日間に女性の性器内に侵入している精子が受精能力を失うことになるわけですが、もし服用後、すぐ次の性行為を行う場合、避妊に失敗する可能性がありますが、注意してください。もう一つ注意すべきなのはノルレボは中絶薬ではないので、受精卵の着床が完了してからの服用では避妊の効果はありません。

ノルレボの服用タイミング

ノルレボは緊急避妊薬として、効果を保証するために、服用タイミングを重視しなければなりません。一般的に24時間以内の服用は95%以上の避妊率を得ることができます。また性交後72時間以内で服用すれば、避妊率は75%以上に達しますが、しかし、72時間経過後、服用タイミングが遅いほど避妊率が低くなってしまいます。それで、できるだけ早めに服用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です