ノルレボの基礎知識について|ノルレボの危険性を注意する!

ノルレボとは图10
ノルレボとは、2011年に発売されたアフターピルです。ノルレボはWHOでは緊急避妊の必須薬にも指定しています。また、日本国内で初めて認可されたアフターピルです。従来の緊急避妊薬と比べて、ノルレボの効果がもっと強い、副作用は少ないです。しかし、ノルレボの価格は高いです。

ノルレボの効果
ノルレボの効果について、ノルレボはアフターピルとして、コンドームが破れた場合、不注意に性行為を行った後、望まない妊娠を防ぐために使われています。ノルレボの有効成分はレボノルゲストレルです。レボノルゲストレルは排卵を抑制することで受精を阻害する効果があるだけでなく、子宮内膜の増殖を抑えて受精卵の着床を妨げる効果に達します。

一般的に、緊急避妊薬の効果は服用タイミングに密接な関係があると認められています。通常、72時間以内で服用したら、避妊率が高いと報告されています。ノルレボの場合、一回の服用量は2錠で、72時間を過ぎてしまった場合でも、120時間以内であれば避妊に有効な可能性があるとされています。

もちろん、ノルレボの避妊率は100%ではありません。120時間以内の服用は有効ですけど、避妊率を高めるために、性行為後、できるだけ早めに服用してください。

ノルレボの危険性
ノルレボは従来の緊急避妊薬と比べて、副作用が少ないです。例えば、一般的な緊急避妊薬の副作用はほとんど吐き気と嘔吐です。従来のヤッペ法では強い吐き気が続くことが多く吐いてしまうこともよくあったのですが、ノルレボ服用後の吐き気は非常に少なく、吐いていまうことはほとんどありません。それでも、ノルレボは緊急避妊薬としてあくまで緊急時のために使われる薬ですが、女性の避妊の最終手段とされています。それで、低用量ピルと違って、繰り返して服用することは高い危険性を引き起こす可能性があります。

また、ノルレボは強い避妊効果を持って、一時的にホルモンバランスを乱すことで、体にはかなり負担がかかります。そういうホルモンバランスの紊乱はノルレボの作用の衰弱に従って、改善されることができます。しかし、個人差によってホルモンバランスはなかなか回復できないこともありますから、注意してください。

ノルレボを服用している時、十分な効果を得ると同時に、副作用を最小限にできるように喫煙や飲酒などのことを避けたほうがいいと言われています。特に、アルコールによってノルレボの副作用が重くなる可能性がありますから、できるだけアルコールの摂取を控えてください。

他のセックスの話題:

レビトラはこの十年間の間に、非常に人気がある勃起不全治療薬です。

女性のもつ悩み解消:媚薬の効果には、「催淫作用」「発情作用」「体の感度アップ」と3種類の作用があります。